投稿日:

知らないとマズイ!BCP対策のポイント!

BCPって一体なんなの?

日本は、阪神・淡路大震災や東日本大震災を経験し、改めて地震の多い国であることを実感した方も多くいらっしゃいます。また火山の噴火や津波、豪雨による水害、土砂崩れなど、多種の自然災害にも遭遇してきました。近年では、テロを含め火事などの事故なども心配になってきている状況です。BCPとは、もしもの災害や事故などを推し量り、事業を継続するための方法を策定するものです。もしも事業中断した場合でも、迅速にリカバリーし、リスタートできるように策定しておくアクションプランのことになります。

初めてのBCP対策を行う場合の問題点

BCP対策のことはわかっても初めての場合は、何をどのように策定すればいいのかわからないことだらけではないでしょうか。簡単に策定するための取り掛かりのポイントをまとめておきます。まずは、自社を取り巻く環境上のリスクを調べることです。国や自治体が公開している地震被害想定や浸水被害の想定、土砂災害の災害危険予測地図を手に入れてチェックしましょう。次に行っておきたいことは、自社の重要な業務を挙げてみましょう。これにより自社の業務の何を最初にリカバリー、リスタートするべきなのかがわかります。

それでもやるの?BCP対策メリットとは?

BCP対策の概要は、わかってきても、まだまだ詳細にどうやっていけばいいのか分からないし、初めてやることはとても手がかかり、面倒なことです。また、災害や事故がいつ起こるものか不明のために、なかなかBCPの策定が進まないこともあるでしょう。しかしながら自社の事業を継続していくために行うのですから、重要なことでそのことが最大のメリットです。他のメリットとしては、BCPを経営戦略と位置づけ、取引先などに自社の優位性として売り込みをしている企業もあります。BCP対策の詳細な策定のポイントはたくさんありますが、まずはBCP対策のために行動をおこしましょう。

BCP対策とは何かというと、企業が自然災害やテロなどの緊急事態に陥った際、被害を最小限に抑え事業を継続させるため、事前に対策を講じて備えておくことを言います。