投稿日:

がんの免疫療法なら、抗ガン剤の副作用とも無縁

がん治療にはいろんな説がある

がん治療については、専門家の間でも意見が分かれていますね。いろいろな書籍も出ています。素人にはどれが正しいかなんて判断できませんが、集団予防接種の注射針の使い回しによる肝炎感染などの例を見ると、医者もあんまりよくわかっていないのかもしれないって気がしますね。自分の子どもも学校で予防接種を受けるわけですから、見て見ぬふりをしていたんじゃなくて、本当にわかっていなかったんでしょうからね。がん治療にいろんな説があるのも、当然でしょう。

免疫療法では全体を診る

がん治療では、がん細胞をなんとかしようとする方法が主流だったようですが、それで治らない例も多々あって、違う視点からのアプローチもなされるようになりました。がん細胞は常に生まれているもので、それを排除している免疫システムを活性化することで、すでに大きくなったがんもなんとかしようとするものです。消えなくても小さくなるだけでいい、小さくならなくてもその状態のままとどめられるならいい、という姿勢で臨みます。

免疫システムが損なわれると

ヒトは免疫システムが損なわれると、普通にその辺にいる常在菌によっても死に至ります。大きくなったがんを取り除いても、その手術によって免疫力が弱ってしまったら、結局命を縮めることにもなりかねません。抗ガン剤も、がん細胞だけでなく免疫細胞まで破壊してしまっては元も子もありません。外科手術や抗ガン剤に頼るのではなく、ひたすら免疫細胞にがんばってもらおうという治療が免疫療法で、遺伝子解明が進んで、可能になってきました、

がん先端治療が導入されている国は、世界中で徐々に増えており、難治性のがんの新たな治療法として、性能の良い医療機器を用いた手術や抗がん剤などが併用されることがあります。